ホームページ開設のあいさつ
社会医療法人ましき会 理事長 犬飼 邦明

初めて益城病院のホームページを立ち上げたのは20年くらい前のことだったでしょうか。不特定多数の方に対する情報発信の試みとして精神科病院としては画期的なことでした。ユーザー側からの発信も受け付ける双方向性の構想でしたが、意外に広がらなかったのは、当時はまだパソコン中心の使い方で、今のスマートフォンのように『いつでも、どこでも、誰でも』というわけにはいかなかったからだと思います。

今や情報過多の時代となり、いかに必要な情報を素早く選り分けることができるかが求められるようになりました。重厚長大から軽薄短小への移行です。限られた画面の中に必要な検索情報を網羅できるかがポイントで、文字以外の様々な手段を使いこなす相当高等なテクニックが求められてきます。いわば写術画家の描く風景画のように、見る人によって情景や背景を自由に連想できる表現力、凝集力が求められているともいえましょう。

「新しい酒は新しい皮袋に納めよ」という故事があります(新約聖書マタイ伝)。災害復興から新しい病院で新たな試みが始まろうとしている今、タイムリーでニーズに合った情報発信ができるようになることを念じながらこのホームページを製作しました。

2019年10月吉日