精神科のエキスパートとして、
在宅支援や社会復帰支援も充実。

病院機能

当院は1950年に開院し、1958年から精神科として地域医療に取り組んでいます。現在、精神科、心療内科、小児科(児童思春期)、歯科を標榜し、認知症、アルコール依存症、そううつ病、自閉症、児童思春期と、幅広い医療を行っています。
在宅診療は、精神科ショートケア・デイケア、認知症デイケアを中心とし、訪問診療・訪問看護や行政、福祉との連携により社会復帰を支えています。

入院部門は、精神科救急病棟、認知症治療病棟、精神療養病棟に機能分化され、症状に応じた療養環境(ユニットケア)を提供するとともに、措置入院・司法鑑定入院の受け入れや、熊本県精神科二次救急医療の輪番病院として、日曜や夜間の救急対応を行っております。
退院後の社会復帰支援として、地域活動支援センター・指定相談事業所の設置のほか、グループホームや共同住居を提供。障害者総合支援法に基づく就労訓練施設として、パン工房「まりも」、清掃作業「クリーンサム」、軽作業「あひるのしっぽ」、軽食・喫茶「風のテラス」、また、宿泊型自立訓練事業所「コスモ」の運営を行っています。

地域連携活動

地域のニーズに応じ、様々な分野で講演・研修・会議や相談業務等を実施しています。

へき地医療支援
(上益城郡山都町:そよう病院・井無田診療所・北部診療所、上天草市:湯島診療所、天草市:御所浦診療所・御所浦北診療所)
認知症疾患医療センター(地域拠点型)
益城町認知症サポーター養成講座
保健所、精神保健福祉センター相談事業
校医(健診、予防注射)、産業医
講演活動地域連携活動
養成講座、事業所、施設、幼稚園、小・中学校、地域住民
会議等
熊本県身体拘束ゼロ作戦会議
こころと体の健康づくりアドバイザーチーム
益城町継続ケアー検討会
家族会
精神科家族会、家族教室、ふるさと会
ボランティア
登録 約90名
協力機関
特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、社会福祉協議会など
こころと心のミュージアム
病院内に美術館を併設。益城町など地元にゆかりの芸術家をはじめ、さまざまなアート作品の展示や企画展を行っています。
益城病院夏祭り・秋祭り
地域と精神科医療の垣根を少しでも低くし、患者さんへの理解を深めていただけるよう、毎年、夏祭りや秋祭りを開催。近年の来場者数は1,000人を超えるほどの盛況ぶりです

社会復帰支援

訓練施設の運営
パン工房「まりも」、清掃作業「クリーンサム」、軽作業「あひるのしっぽ」、軽食・喫茶「風のテラス」の運営
共同住居の確保
グループホーム、i-ハウス、アパート
指定相談支援事業所・地域活動支援センターによる
相談業務