「ましきの風」(旧「健味健食園」)

印刷向けページを表示

社会復帰・社会参加を支援しています

「ましきの風」は、当院が2006年11月に運営を開始した、障害者総合支援法にもとづく就労継続支援B型事業所です。運営開始当初は「健味健食園」として発足したのですが、熊本地震で被災してからはレストラン部門の営業が困難になるなど、健味健食園はその名前に込められた思いから、やむなく離れていっている状況でした。そのため心機一転し、「ましきの風」へ名称変更する事になりました。「ましきの風」は主に精神障がいを持たれている方に対して社会復帰・社会参加を促す事を目的としております。事業の内容としてはパン工房「まりも」、清掃作業の「グリーンサム」、軽作業(仕出し袋の組み立て作業など)の「あひるのしっぽ」などがあり、利用者の好まれる作業を選べるという事が特徴です。 利用者自身が当事業所を利用する事で生活リズムを立て、役割を持ち、一緒に働く仲間と出会う事に加え、お客様からの笑顔を得る事で意欲に繋がっていると感じております。これからも利用者とともに考え、ともに汗し、ともに喜びを分かち合いながらの社会復帰・自立に向けて、一歩一歩、歩んでいきます。

ましきの風(就労継続支援B型事業所)を利用できる方

一般企業などで働いた経験があって、現在働かれていない方。
就労移行支援事業を利用したけれど就労先が決まっていない方。
50歳に達している方、または障害基礎年金1級を受給されている方。
※ 不明な点やご相談などはましきの風 の水本までご連絡ください。(096-286-3611)

一緒に働きませんか?

パン工房「まりも」、「グリーンサム」、「あひるのしっぽ」では、就労者(就労継続支援B型)を随時募集しています。相談や見学も随時受け付けています。

就労者募集案内はこちらをご覧ください

パン工房「まりも」

約40種類ものパンを焼いています

パン工房まりもは平成9年8月に開設、現在は「ましきの風 」の一部として、就労訓練の皆さんと職員が一緒に作業をしています。

土曜・日曜を除き、毎日焼かれるパンの種類はなんと約40種類。また、クッキーをはじめ焼き菓子も販売しております。 小麦粉は、最上級の「特等粉」。フランスパン系には、益城病院の畑で自家栽培したパン用小麦「ミナミノカオリ」も使用。香りやほんのりとした甘さには定評があります。

添加物は使用していません。安心で健康的なパンは人気があり、近隣の保育園、小学校、企業、病院、熊本県庁などからも注文をいただいています。

H21年11月には、パン・菓子つくりコンテスト「ユニバーサル・べ―キング・カップ」にて、“阿蘇黒豆パン”で金賞〈優勝)を受賞しました。(現在は販売しておりません)

 
パン工房「まりも」

阿蘇黒豆パン
「ユニバーサル・べ―キング・カップ」
金賞“阿蘇黒豆パン”

パンの店頭販売を始めました

平成29年1月より、まりものパン工場がある建物にてパンの店頭販売を始めました。他の売り場にはない、できたて、ホッカホカのまりものパンが買えるチャンスです。 ぜひ一度、店頭まで足を運んで頂き、ご賞味下さい。

電話:096-286-7725 ご予約も承ります

販売場所のご案内

  1. 益城病院内売店・ラウンジ
    販売時間:10時頃〜売り切れまで
    定休日:毎週土曜・日曜日
  2. パン工房まりも 店頭販売
    販売時間:10時頃〜売り切れまで

※早めにお越しの上、お買い求め下さい。

  パン工房「まりも」

パン工房「まりも」

清掃作業「グリーンサム」

グリーンサム

掃除や洗濯、院庭管理などを行います

益城病院に来院される方が気持ち良く施設等を利用できるよう、フロアやトイレなどを清掃するほか、季節によっては院庭などの花の植え替えを行ったりします。

軽作業「あひるのしっぽ」

軽作業「あひるのしっぽ」

室内で簡単な手作業を行います

現在は『仕出し袋の作成作業』を行っております。
紙を折る作業やのりで貼り付ける作業など作業工程が多く、その人に合った作業工程を選択しながらマイペースに無理なく参加出来できます。

室内で椅子に腰掛けながら出来る作業なので、体力に自信はないけどとにかく就労を始めたいという方も安心してご参加下さい。

ページ最上部へ