こころと心のミュージアム

印刷向けページを表示

こころと心のミュージアムのご案内

ギャラリー管理棟1階のこころと心のミュージアムでは、随時書画や陶芸などの展示を行い 、地域の文化貢献、多くの方々とのふれあいを深めることとしています。 どなたでもご来場頂けますので、お気軽にお運び下さい。

現在展示中の催物

伊東 浩一展 「家・そら・花の記憶」

出展者挨拶

この度、益城病院「こころと心のミュージアム」で私の絵を展示させて頂けることとになり大変うれしい気持ちでいっぱいです。

私の絵はおもにアクリル絵の具を使って描かれています。それから顔料という絵の具の元のような粉をアクリルメディウムや膠をつなぎにして使います。あと、金箔や銀箔も張り付けたり蒔いたりします。水をたっぷり使うので、絵を立てかけて描くとほとんどの絵の具が下に流れ落ちてしまうので、絵を横に寝かせて描きます。絵の具の乾くのを待ちながらのんびり描きます。

絵に描かれているものは、花とか家とか月とか山です(それと空気)。ほとんどの物が宙に浮いています。花が宙に浮いているなんて、へんてこりんです。そのへんてこりんなところが自分では気に入っています。
そして、たとえば花が浮きながら絵の外に出ていくように見えることがあります。浮いているということで動いていることを感じさせるからです。花が絵の外に出ていくのかな? 絵の中に入って来るのかな? その花が「バイバイ」って言ったり「コンニチハ」って言ったりしているようです。

見る人によって、見る時によって、見る気持ちによっていろいろに見えるようです。花と家は絵の中で出会ったのかな?別々に分かれて絵の外に出ていくのかな?それとも二人で散歩している途中かな?絵の外にいた時は何をしていたのかな?というように絵の外側の出来事も気になります。絵の中では一瞬ですが、絵の外側には永遠があるような気になってきます。

ともあれ、見てくれる方は自由な気持ちで見ていただけると嬉しいです。そして、もし会場に私がいたら何でも質問してください。大歓迎です。

この機会を作っていただいた益城病院「こころと心のミュージアム」の方々に感謝します。

伊東 浩一

作家略歴

1954年  12月   東京都足立区生まれ
1980年   3月   東京芸術大学 美術学部絵画科油画専攻卒業
1982年   3月   東京芸術大学大学院 美術専攻科修了
1988年   4月   熊本短期大学着任
2000年   8月〜2001年9月  南カリフォルニア大学訪問研究員
現 在   熊本学園大学教授 国画会会員

会 期 平成30年2月26日(月)〜3月31日(土) [無休]
開館時間 10:00〜16:00
入場料 無料

 

犬飼翠雪作品集「Suisetsu」出版のご案内

当法人会長犬飼由貴子は、真生流いけ花家元参与「犬飼翠雪」として、いけ花の発展や後進の育成をし、また、精力的に花展開催を定期的に行うなど、幅広い活動をしております。華道の地域貢献により、2010年には熊本県芸術功労者の顕彰を受けました。このたび五十年余りのいけ花の集大成として、作品集を出版しました。犬飼翠雪の花の世界を、ご堪能下さい。

真生流のいけ花との出会いから五十余年、季節の頼りを聞けば、手元に花はなくともイメージが湧いてくる。はじめに思い浮かぶのは美しい情景であって器の中の花そのものではない。その情景から切り取ったものが凝縮されて作品となるのである。花を活けることが大好きな私は、いつも自然の美に酔わされ、この道を辿って来られたことを幸せに思う。よき師よき友との出会いに支えられて今日の私がある。 犬飼翠雪(「Suisetsu」あとがきより)

写真をクリックすると拡大表示します

犬飼翠雪作品集「Suisetsu」
発行:犬飼翠雪作品集実行委員会 
価格:10,500円(税込)
購入ご希望の方は、益城病院文化部までご連絡下さい
連絡先(益城病院代表) 電話番号:096-286-3611
メールアドレス:mashiki-hp@mashiki.jp
Webサイト:犬飼 翠雪 ホームページ

ページ最上部へ